作品情報

スカイウォーカー家の物語を描く――
「スター・ウォーズ」完結編

「我々は全てを伝えた。はるかな歴史が君の中に…」

1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米公開してから42年、すべての記録を塗り替え、映画史すらも変え続けている「スター・ウォーズ」。ハリウッドの偉大なる巨星ジョージ・ルーカスの手によって生み出されたこの壮大なサーガは、その映画史のみならずエンターテイメント史においても”伝説”という言葉がふさわしい唯一の存在となった。そして今、その伝説がついに一つのフィナーレを迎えようとしている。

監督を務めたのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で見事にサーガを始動させ、新たなる伝説の担い手として時代の寵児となったハリウッド屈指のヒットメーカー、J.J.エイブラムス。彼の確かな手腕に加え、あふれんばかりの「スター・ウォーズ」愛にも大きな注目が集まった。
脚本は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(80)、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(83)を手がけたローレンス・カスダン。音楽は、スカイウォーカー家のサーガ全編を担ってきたジョン・ウィリアムズ。

「我々は常に君と共に。誰ひとり消え去っていない…」

 今回、J.J.エイブラムス監督に託された使命は、スカイウォーカー家のサーガに幕を下ろすこと。ルーク、レイア、ダース・ベイダーことアナキン、そしてレイアとハン・ソロの息子カイロ・レン。善と悪が入り混じり、喜びと哀しみに彩られ、平和と戦争が織り成す怒涛の銀河宇宙の歴史に名を刻んだこの一族の物語に、ついにここでピリオドが打たれる。42年もの長い歳月をかけて語られてきたスカイウォーカー家の“家族の愛と喪失”の物語は、2019年12月20日、ついに幕を下ろす。

そのドラマの大きなカギとなるのは、かつて銀河に君臨していた祖父ダース・ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。そして、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの強い意志を引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。
新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。二人の運命を左右し、このクライマックスの行く末を共に迎えるのは、R2-D2、C-3PO、BB-8ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続けるルークの双子の妹レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンらレジスタンスの同志たちと、今回初めて登場するBB-8のキュートな相棒“D-O(ディオ)”。はるか彼方の銀河系で繰り広げられるスカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。


CAST

[レイ]
デイジー・リドリー
[カイロ・レン]
アダム・ドライバー
[フィン]
ジョン・ボイエガ
[ポー・ダメロン]
オスカー・アイザック
[ルーク・スカイウォーカー]
マーク・ハミル
[レイア・オーガナ]
キャリー・フィッシャー
[ランド・カルリジアン]
ビリー・ディー・ウィリアムズ
[マズ・カナタ]
ルピタ・ニョンゴ
[ハックス将軍]
ドーナル・グリーソン
[ローズ・ティコ]
ケリー・マリー・トラン
[チューバッカ]
ヨーナス・スオタオ
[C-3PO]
アンソニー・ダニエルズ
[コニックス]
ビリー・ラード
ケリー・ラッセル
ナオミ・アッキー
リチャード・E. グラント

STAFF

[脚本・監督・製作]
J.J.エイブラムス
[脚本]
クリス・テリオ
[製作]
キャスリーン・ケネディ
[製作]
ミシェル・レイワン
[製作総指揮]
カラム・グリーン
[製作総指揮]
ジェイソン・マクガトリン
[撮影監督]
ダニエル・ミンデル
[共同プロダクション・デザイナー]
リック・カーター
[共同プロダクション・デザイナー]
ケヴィン・ジェンキンス
[衣裳デザイナー]
マイケル・カプラン
[クリーチャー&ドロイド特殊効果]
ニール・スキャンラン
[編集]
メリアン・ブラントン
[編集]
ステファン・グルーブ
[視覚効果スーパーバイザー]
ロジャー・ガイエット
[音楽]
ジョン・ウィリアムズ


新着アイテム

おすすめ作品