公演レポート

スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR
東京公演「新たなる希望」で満員御礼!
熱いスター・ウォーズ・ファンが大集結!

7月29日(日)東京オペラシティコンサートホールのプレミア公演でスタートしたスター・ウォーズのシネマ・コンサート「スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018、大阪公演、名古屋公演、浜松公演が大好評のうちに開催され、8月12日(日)、再び東京に帰ってきました。
 東京国際フォーラム ホールAで「新たなる希望(1978)」が演奏された東京公演は、昼、夜の2回公演ともスター・ウォーズファンで埋め尽くされ熱気に包まれました。
 大阪公演からスタートした会場内のロビーコンサートでは、目の前でミニアンサンブルの演奏が楽しめるとあって、多くのお客様が間近で観る生演奏を満喫しました。

そして、スター・ウォーズの世界に入り込めるフォトスポットは、終演後にも行列ができるほどの人気。「スター・ウォーズ」のオリジナル暑中見舞いはがきを作成できるワークショップも大好評で、何度も並ぶ人が続出しました。
 ロビーコンサートやフォトスポット、ワークショップは、コンサートを鑑賞する楽しみに加えて、来場者もスター・ウォーズの世界に参加できるのが魅力です。夏休みの思い出にぜひファミリーで体験したいイベントです。

   この「スター・ウォーズ in コンサート」には、多くの有名人も訪れ、映画を生のオーケストラ演奏で観るという体験を大いに楽しんでいます。
 7月のプレミア公演には、八代亜紀さん、亀田誠治さん、片桐仁さんなどが訪れ、今回の東京公演にも、スター・ウォーズ・ファンという有名人が続々来場されました。

 夫婦で来場されたアンミカさんは、初めてのシネマ・コンサート体験。「私がスター・ウォーズにはまったのは彼(セオドールさん)の影響なんです。何年か前にシリーズのすべての作品を観ましたが、シネマ・コンサートで観るとまた新鮮な驚きがありました。音楽と効果音の絶妙なハーモニーにも感動しました。オーケストラの演奏のすばらしさと映画の作品としてのすばらしさの両方に引き込まれます」と、興奮気味に語ってくれました。
昔からスター・ウォーズの大ファンというご主人のセオドール・ミラーさんは、「『新たなる希望』は何十回も観ていますけれど、生のオーケストラ演奏で観る魅力は映画とはひと味違いますね。宇宙を舞台にしたSF作品に壮大なクラシック音楽を合わせるスター・ウォーズの魅力を満喫しました」と笑顔を見せました。

ミュージシャンのReNさんは、1994年生まれの24歳なので、『新たなる希望』の公開は生まれる前になります。「初めて観たスター・ウォーズ作品は『エピソード1』で、僕はアナキン・スカイウォーカー世代なんです。『エピソード1』があまりにおもしろくて、前の作品も全部見ました。ミュージシャンとしてシネマ・コンサートがどういうものか興味がありました。生のオーケストラ演奏で、どうやって映画のドルビーサラウンドを再現するんだろうと思っていたら、オープニングから見事に映画と演奏が一体化していて、感動しました。映画にとって音楽がどれほど重要なものかあらためて実感して、ミュージシャンとしてすごく勉強になりました」と、感動を語りました。

漫画家のつの丸さんにとって、『新たなる希望』は忘れられない作品。「生まれて初めて劇場で観た映画が『新たなる希望』で、40年経った今でも年に3、4回は観ているほど大好きな作品です。シネマ・コンサートというかたちでこの作品を観て、ドロイドの出す電子音やC3POのモーター音、台詞と生のオーケストラ演奏がこんなにバランスよく一体化されていることに感動しました。『新たなる希望』には、あの有名なダースベーダーのテーマ曲『インペリアル・マーチ』がないから、ぜひ『帝国の逆襲』のシネマ・コンサートも観たいですね」

 スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018は、この後、8/16札幌、8/19仙台、8/21福岡、さらに9/1に再度、東京国際フォーラム ホールAにて「新たなる希望」を開催、まだスター・ウォーズのシネマ・コンサートを体験したことがない方はぜひこの機会をお見流しなく。そしてこの「新sたなる希望」に続くサーガ「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」が、9/2 同じく東京国際フォーラムにて開催される。旧三部作を大スクリーンと生演奏のシネマ・コンサートで体感できる最後のチャンス!ぜひ会場へお越しください。