<昨年の公演レポート>

スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018スタート!
初期3部作一挙上演の初日プレミア公演には熱いスター・ウォーズ・ファンが大集結!

<昨年の公演レポート>
スター・ウォーズのシネマ・コンサートが、7月29日(日)に東京オペラシティコンサートホールにて遂にスタートした。
スター・ウォーズのシネマ・コンサートは、映画のセリフや効果音はそのままに、巨大なスクリーンでの上映に合わせてジョン・ウィリアムズが書いたスコア部分を90人編成のオーケストラが生演奏。映画+ライブの複合型エンターティメント。
初日(7/29)は「新たなる希望(1978)」「帝国の逆襲(1980)」「ジェダイの帰還(1983)」の初期3部作を一挙上演する、わずか1150席限定のプレミア特別公演。3部作一挙上演は世界中で日本だけの企画。チケットは即日完売と熱い注目を集めていた。
この日:初日プレミア特別公演の開場時間は、朝10:30。通常のコンサートに比べると、かなり早い時間ではあるが会場の前には、スターウォーズのTシャツやコスプレに身を包んだ熱いファンが取り囲み開演を待っている。この日のチケットはスター・ウォーズのロゴが入った座席番号とシリアルナンバーが打刻されたブラック地のプラスティック・カード。まさにプレミア公演に相応しい豪華な仕様だ。
11時になると、いよいよ、この日の1作目「新たなる希望(1978)」の上演が始まる。客席内は集まった1150人の熱気で満たされ、客電が落ちると会場内に、あの“ベイダー・ブレス”が響いてくる。客席中央左側の客席扉が静かに開かれ、4体のストームトルーパーとダース・ベイダーが登場。一行は舞台前に歩み、場内をゆっくりと睥睨するように一瞥した後、ダース・ベイダーがライトセーバーを振り下ろして静かに会場を後にする。なんともゾクゾクするオープニングだ。続いてスクリーンには20世紀FOXとルーカス・フィルムのロゴが映し出される。なんと20世紀FOXファンファーレもオーケストラの生演奏で、場内からは歓声が上がる。
間髪入れず、コンダクターのニコラス・バックが指揮棒を振り下ろすと、待ちに待った、あのオープニング・クロールが始まった。この時点で客席の盛り上がりも最高潮に。本編ではおなじみのシーンが、ジョン・ウィリアムズの美しい旋律と共に上映されていく。中でも圧巻はバトルシーン。その迫力たるや、どんなに優れた音響設備でもフルオーケストラの生演奏にはかなわない事を実感させてくれる。手に汗握る興奮とはまさにこの事で、シネマ・コンサートの醍醐味を堪能できる。
休憩時間になると、ロビーにはダース・ベイダーとストームトルーパーが待機し、記念写真には長い行列が出来る。 この後、15時からは「帝国の逆襲」、19時からは「ジェダイの帰還」の上演が続き、終演時間は21:40!途中、休憩こそ挟むが、トータルで10時間40分という長丁場。指揮者や演奏者の疲労も忍ばれるが、集まったオーディエンスにとっても体力勝負だった1日。しかしながら、帰路につく皆さんの表情は一様に明るく満腹感、満足感に充たされていた。 スター・ウォーズのシネマ・コンサート:スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018 はこの後、8月4日(土)の大阪・フェスティバルホールから全国7都市で計13公演が開催される。各公演のチケットはプレイガイドにて発売中。又、一般チケットに加え親子で楽しめる「子どもチケット(3歳以上小学生以下)」も販売。会場では親子で参加できるロビーコンサートや、ワークショップ、フォトスポットなど設置されるので、ぜひこの夏休みに親子で楽しんでいただきたい!

※この日に来場された方からのコメント
八代亜紀 様;
シネマ・コンサートは初めての体験でしたが、感動しました!
映画のスクリーンにあわせて生のオーケストラとのまさかのコラボ!
生演奏の絶対的な臨場感と暖かさ。これは絶対観ておくべきですよね。
なんといっても人間が演奏しているというアナログ感覚は2度とない一期一会です。それに遭遇できて良かったですね。

亀田誠治 様;
これまで色々な音響システムが開発されていますけど、
生のオーケストラの演奏で映画を見るというのは、今までに体感したことのない臨場感で鳥肌が立ちました
この映画は30〜40年前に作られたものですが、ジョン・ウィリアムズの作った音楽は、100年経っても色あせないエバーグリーンなものだと思います。
世界一流のクリエイターたちの全てが詰まった総合芸術のこの作品を、未来につなぐ為にも、このシネマ・コンサートの企画はとても素晴らしいものだと思います。
これを見て、映画と音楽が好きになる人がたくさん増えて欲しい!

片桐仁 様;
スターウォーズは何度も観てますが、シネマ・コンサートで観て色々と発見がありました。
ジェダイのテーマが細かく使われてたりとか、今まで不穏な空気感を表す効果音だと思ってたのが実は音楽だったりとか。そんな映画のみかたをした事がなかったです。
そんな発見、ひとつひとつに鳥肌が立ちました。感動が凄まじいです!
スターウォーズにハマってない人でも、このシネマ・コンサートは楽しめます!

レイパー佐藤 様;
音楽をきいただけでテンションが上がるのはスター・ウォーズ。
これは、やっぱりジョン・ウィリアムズさんの力だと思います。
今日は音楽を中心に楽しめたので、願ったり叶ったりの機会でした。
と最後はダース・ベイダーの物まねで締めた。

ジグザグジギー池田 様;
冒頭の20世紀FOXの生演奏と、オープニング・クロールだけでも観る価値あります!
あそこは聴いた瞬間、鳥肌が立って泣きそうになりました。
このシネマ・コンサートを見て気付かされたのが、こんなに劇中で音楽を使われていたんだという事。特に惑星でのオーケストラの迫力は全てのシーンが凄かったです!
最後はのめり込み過ぎて、オーケストラの存在を忘れてしまったぐらい。
それほど音楽と映像が一体化してました!

林家けい木 様;
大画面でしかも生オケで観られなんて、とても贅沢な時間ですよね。
冒頭の映画会社のロゴまでを生演奏したことに、一挙に心を掴まれ、嬉しいやら、
感動やらで始まってからボロボロと泣いてました。
シネマ・コンサートは演奏の皆さんの息づかいや鼓動がリアルにドーンと伝わってきて
五感で楽しめる、とてもいい経験ができました!

寺口夏花(sora tob sakana)様:
初めて映画を生演奏で聴けるという
贅沢な体験が出来て嬉しかったです。迫力が良かったです!

風間 玲 マライカ(sora tob sakana)様
: 映画と生演奏の融合がホントに凄くて迫力満点!
冒頭にダース・ベイダーらが出てきて凄かったです!
改めてシリーズを最初から見直そうと思いました。

7月29日(日)東京オペラシティコンサートホールのプレミア公演でスタートしたスター・ウォーズのシネマ・コンサート「スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018、大阪公演、名古屋公演、浜松公演が大好評のうちに開催され、8月12日(日)、再び東京に帰ってきました。
 東京国際フォーラム ホールAで「新たなる希望(1978)」が演奏された東京公演は、昼、夜の2回公演ともスター・ウォーズファンで埋め尽くされ熱気に包まれました。
 大阪公演からスタートした会場内のロビーコンサートでは、目の前でミニアンサンブルの演奏が楽しめるとあって、多くのお客様が間近で観る生演奏を満喫しました。

そして、スター・ウォーズの世界に入り込めるフォトスポットは、終演後にも行列ができるほどの人気。「スター・ウォーズ」のオリジナル暑中見舞いはがきを作成できるワークショップも大好評で、何度も並ぶ人が続出しました。
 ロビーコンサートやフォトスポット、ワークショップは、コンサートを鑑賞する楽しみに加えて、来場者もスター・ウォーズの世界に参加できるのが魅力です。夏休みの思い出にぜひファミリーで体験したいイベントです。

   この「スター・ウォーズ in コンサート」には、多くの有名人も訪れ、映画を生のオーケストラ演奏で観るという体験を大いに楽しんでいます。
 7月のプレミア公演には、八代亜紀さん、亀田誠治さん、片桐仁さんなどが訪れ、今回の東京公演にも、スター・ウォーズ・ファンという有名人が続々来場されました。

 夫婦で来場されたアンミカさんは、初めてのシネマ・コンサート体験。「私がスター・ウォーズにはまったのは彼(セオドールさん)の影響なんです。何年か前にシリーズのすべての作品を観ましたが、シネマ・コンサートで観るとまた新鮮な驚きがありました。音楽と効果音の絶妙なハーモニーにも感動しました。オーケストラの演奏のすばらしさと映画の作品としてのすばらしさの両方に引き込まれます」と、興奮気味に語ってくれました。
昔からスター・ウォーズの大ファンというご主人のセオドール・ミラーさんは、「『新たなる希望』は何十回も観ていますけれど、生のオーケストラ演奏で観る魅力は映画とはひと味違いますね。宇宙を舞台にしたSF作品に壮大なクラシック音楽を合わせるスター・ウォーズの魅力を満喫しました」と笑顔を見せました。

ミュージシャンのReNさんは、1994年生まれの24歳なので、『新たなる希望』の公開は生まれる前になります。「初めて観たスター・ウォーズ作品は『エピソード1』で、僕はアナキン・スカイウォーカー世代なんです。『エピソード1』があまりにおもしろくて、前の作品も全部見ました。ミュージシャンとしてシネマ・コンサートがどういうものか興味がありました。生のオーケストラ演奏で、どうやって映画のドルビーサラウンドを再現するんだろうと思っていたら、オープニングから見事に映画と演奏が一体化していて、感動しました。映画にとって音楽がどれほど重要なものかあらためて実感して、ミュージシャンとしてすごく勉強になりました」と、感動を語りました。

漫画家のつの丸さんにとって、『新たなる希望』は忘れられない作品。「生まれて初めて劇場で観た映画が『新たなる希望』で、40年経った今でも年に3、4回は観ているほど大好きな作品です。シネマ・コンサートというかたちでこの作品を観て、ドロイドの出す電子音やC3POのモーター音、台詞と生のオーケストラ演奏がこんなにバランスよく一体化されていることに感動しました。『新たなる希望』には、あの有名なダースベーダーのテーマ曲『インペリアル・マーチ』がないから、ぜひ『帝国の逆襲』のシネマ・コンサートも観たいですね」

 スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018は、この後、8/16札幌、8/19仙台、8/21福岡、さらに9/1に再度、東京国際フォーラム ホールAにて「新たなる希望」を開催、まだスター・ウォーズのシネマ・コンサートを体験したことがない方はぜひこの機会をお見流しなく。そしてこの「新sたなる希望」に続くサーガ「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」が、9/2 同じく東京国際フォーラムにて開催される。旧三部作を大スクリーンと生演奏のシネマ・コンサートで体感できる最後のチャンス!ぜひ会場へお越しください。