作品情報

興奮、感動、そして希望―
名もなき戦士(ローグ・ワン)が不可能なミッションに挑む!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、ジョージ・ルーカスの長年の思いが結実した、初めて描かれるキャラクターたちによる新たな世界を描いたもうひとつの「スター・ウォーズ」。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前、ジェダイが滅んだ後の世界を舞台に、圧倒的勢力を持つ帝国軍の究極の兵器デス・スターの誕生と、それを阻もうとする反乱軍の名もなき戦士たち=“ローグ・ワン”の誇り高き戦いを描いています。


STORY

「スター・ウォーズ」シリーズ劇場公開第1作、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)でレイア姫は、反乱軍の切り札として、宿敵帝国軍の究極の兵器“デス・スター”の設計図をR2-D2に託す―。
レイア姫、そして反乱軍は、どうやってこの超極秘情報を入手できたのか?
そこには名もなき戦士たちの決死のミッションがあった…。


かつて平和を維持していたジェダイは滅び、宇宙は帝国軍に制圧されようとしていた。生き残った数少ない反乱軍は、反撃の機会をうかがっていた。
人間の女性ジン・アーソは生きていくために、窃盗、暴行、書類偽造もためらわない宇宙のアウトロー。孤独ながらも強く生き抜いていた。そんな彼女に反乱軍が接触してくる。それは、彼女の父親が、帝国軍が現在開発中の恐ろしい兵器“デス・スター”の設計に関わっているとの情報に基づいてのことだった。
優秀な技術者であった父は、かつて幼いジンの目の前で帝国軍に拉致され、強制的に破壊兵器の開発に協力させられていたが、同時に秘密裏に“デス・スター”の急所を仕込んでいた。
その父の隠れた工作活動を実らせるためには、帝国軍の本丸に乗り込み“デス・スター”の設計図を奪取する必要がある。しかしそれは、ジェダイもいない弱体化した反乱軍にとって、自殺行為ともいえる決死のミッションであった。
作戦をあきらめかけた反乱軍の中で、ジンをリーダーに、命を懸ける覚悟の有志の仲間たち“ローグ・ワン”が、いま立ち上がる!

CAST

ジン・アーソ:フェリシティ・ジョーンズ/渋谷はるか
キャシアン・アンドー:ディエゴ・ルナ/加瀬康之
オーソン・クレニック:ベン・メンデルソーン/三上哲
チアルート・イムウェ:ドニー・イェン/根本泰彦
ベイズ・マルバス:チアン・ウェン/北川勝博
ソウ・ゲレラ:フォレスト・ウィテカー/立木文彦
ゲイレン・アーソ:マッツ・ミケルセン/田中正彦
K-2SO:アラン・テュディック/野中秀哲
ボーディー・ルック:リズ・アーメッド/桐本拓哉
ダース・ベイダー:ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)/楠大典

STAFF

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
原案:ジョン・ノール
原作:ジョージ・ルーカス
脚本:クリス・ワイツ
製作総指揮:ジョン・ノール、ジェイソン・マクガトリン
撮影監督:グレイグ・フレイザー
プロダクション・デザイン:ダグ・チャン
編集:ジャベス・オルセン
ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:ジョン・ノール
音楽:マイケル・ジアッキーノ


新着アイテム

おすすめ作品