テクノロジー&ロケーション

  • オルデラン

    帝国の容赦ない邪悪さを知りたければ、粉々になったオルデランの残骸に目を向ければよい。銀河共和国衰退期には、ベイル・オーガナのような高名な政治家が銀河元老院に選出されていた。共和国の再建を目指す反乱軍を初期から支援した星のひとつだったが、公には反乱軍との繋がりを秘密にしていた。そうした慎重さにもかかわらず、帝国に反乱軍活動の拠点であることを 気づかれ、グランドモフ・ターキンはデス・スターが稼働するやいなや、報復処置として、この美しく平和を重んじる星を攻撃目標にした。その主力兵器はオルデランを消し去り、跡には不毛な小惑星帯が残されただけだった。

関連キャラクター

テクノロジー&ロケーション

新着アイテム

おすすめ作品